Japanese Society for Quality and Safety in Healthcare

医療安全管理者ネットワーク(ネットワーク委員会)

  • HOME »
  • 医療安全管理者ネットワーク(ネットワーク委員会)

⇨ 会員登録はこちら     

⇨ 会員専用ページはこちら

⇨「第25回医療安全管理者ネットワーク会議in幕張」のご案内はこちら

医療安全管理者ネットワークの目的

本会は、医療安全管理者ならびに医療安全に関する研究者等の交流を通じて、医療安全管理者の質の向上、活動に関する知識の蓄積・普及、及び医療安全管理に関する意見交換・集約を行うことを目的とする。

ご挨拶

 日本医療の質・安全学会は、設立6年目を迎えました。この間に、多くの医療安全管理を担う方たちから、ネットワークを創って欲しいとの希望が寄せられるようになり、学会では、ネットワーク委員会を設置して検討することとなりました。
  ネットワーク委員会では、医療安全管理の中核を担う医療安全管理が、日頃の業務を行う中や、今後の医療安全を推進する上で抱えている課題や問題について情報交換して共有を図り、日本全体の医療の質・安全確保に貢献することが重要ではないかとの認識に至りました。
 そこで、第2回、3回の学術集会において、医療安全管理者の課題等について検討すると同時に、医療安全管理者ネットワーク構築に向けて検討いたしました。 これらの経過については逐次、日本医療の質・安全学会理事会に報告し、この度、理事会から医療の質安全学会「医療安全管理者ネットワーク運営規則」が認められ、日本医療の質・安全学会に、“医療安全管理者ネットワーク”を構築することとなりました。
 日頃現場の問題や解決に向けた課題を抱えながら、医療の質と安全確保の中核として頑張っている医療安全管理者の皆様のネットワークへの登録をお持ちしています。

ネットワーク委員会 担当理事 嶋森 好子

ご案内

医療安全管理者ネットワークへのお誘い

 医療の質・安全学会ネットワーク委員会では、医療安全管理者の任を担っている方々を中心とした交流の場を得たいと希って準備を重ねてきました。委員会では、この医療安全管理者ネットワークの活動目的を次のように考えています。

 「本会は、医療安全管理者ならびに医療安全に関する研究者等の交流を通じて、医療安全管理者の質の向上、活動に関する知識の蓄積・普及、及び医療安全管理に関する意見交換・集約を行うことを目的とする」(運営細則より)

 各医療機関で活動している医療安全管理者が集い、医療安全の成功事例や知恵、工夫を持ち寄って共有し、個々の活動に役立てられるような交流の場にしていきたいと考えています。また、交流や情報交換が、個々が抱えている問題の解決にもつながることを期待しています。さらに、ネットワークの基盤である医療の質・安全学会の性質も踏まえて、将来的には、アカデミックな意見交換や提言、研究ができたらと、夢も膨らみます。

  交流は、個々のつながりから始まります。活発で有意義な活動ができるよう、医療安全管理者を中心に多くの方々のネットワークへのご参加を期待しています。

⇨ 会員登録はこちら 

 
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人医療の質・安全学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.