Japanese Society for Quality and Safety in Healthcare

医療安全管理者ネットワーク 運営細則

医療安全管理者ネットワーク運営細則

(目的)
第1条 この細則は、医療の質・安全学会ネットワーク委員会規定に基づき設置された医療安全管理者ネットワークの運営に関して必要な事項を定める。

(名称)
第2条 本会は医療安全管理者ネットワークと称する。

(事務所)
第3条 本会の事務を処理するため、医療の質・安全学会に事務局を置く。

(活動目的)
第4条 本会は、医療安全管理者ならびに医療安全に関する研究者等の交流を通じて、医療安全管理者の質の向上、活動に関する知識の蓄積・普及、及び医療安全管理に関する意見交換・集約を行うことを目的とする。

(活動内容)
第5条 本会の目的を達成するため、次の活動を行う。
(1)医療安全管理者の交流
(2)医療安全管理者の活動に関する情報交換の促進
(3)医療安全管理者の活動に関する研究の奨励
(4)医療安全管理に係る事項のネットワーク委員会等への提言
(5)その他第4条の目的を達成するために必要な活動

(資格)
第6条 本会の会員は次のとおりとする。
(1)A会員 日本医療の質・安全学会会員であって、医療機関等において現役の医療機関全体の医療安全管理者である者。
その後、医療安全管理者の役割でなくなった場合、本人から申し出て、B会員としてとどまることができる。
ここでいう医療安全管理者とは、厚生労働省の「医療安全管理者の業務指針および養成のための研修プログラム作成指針」がいう医療安全管理者のことをさす。

(2)B会員 日本医療の質・安全学会会員であって、次のいずれかに該当した者
① 医薬品安全管理責任者・医療機器安全管理責任者
② 以下に該当し、ネットワーク委員会委員の推薦を得た者
a. 医療安全管理に関する研究を行う者
b. 過去に医療機関等において、医療機関全体の医療安全管理者を担当していた者
c. 過去にA会員だった者
d. その他、ネットワーク委員会が必要と認める者

(入会)
第7条 会員になろうとする者は、所定の手続きに従って入会を申し込み、ネットワーク委員会の承認を得なければならない。

(資格の喪失)
第8条 会員は、次の事由があるときはその資格を喪失する。
(1)日本医療の質・安全学会を退会したとき
(2)本会を退会したとき
(3)死亡したとき
(4)除名されたとき

(退会)
第9条 本会の退会を希望するものは、退会届を提出し、ネットワーク委員会の承認を得なければならない。

(除名)
第10条 会員が次の各号の位置に該当するときは、ネットワーク委員会の議決を経て、担当理事が当該会員を除名することができる。当該会員から要請があった場合は、議決に先立って弁明の機会を与えなければならない。
(1)本会の会員としての義務に違反したとき。
(2)本会の名誉を傷つけ、または本会の目的に反する行為があったとき。

(経費)
第11条 医療安全管理者ネットワークの運営にかかる経費は、次の各号に掲げる金品を持って支弁する。
(1)医療の質・安全学会のネットワーク委員会の経費
(2)医療安全管理者ネットワークが開催する会議の参加者から収集する参加費
(3)その他の収入

(報告)
第12条 医療安全管理者ネットワークは次の各号に掲げる書類をネットワーク委員会に提出しなければならない。
(1)会員名簿
(2)事業計画書及び収支予算書
(3)事業報告書及び収支決算書
2 前項第1号及び第2号の書類は、毎年度当初に提出しなければならない。
3 第1項3号及び第4号の書類は、決定後速やかに提出しなければならない。

(細則の変更)
第13条 この細則は、ネットワーク委員会の承認を受けなければ変更することが出来ない。

(雑則)
第14条 この細則に定めるもののほか、医療安全管理者ネットワークの運営に必要な事項は医療安全管理者ネットワークが定める。

附則
1 この細則は2009年11月1日から施行する。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人医療の質・安全学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.