医療の質・安全学会事務局 03-3263-5886

 

  医療の質・安全学会設立記念国際シンポいジウム in kANSAI

拝啓
  皆様におかれましては、日々、質の高い医療の提供に努力されておられることと存じます。しかし、依然として医療事故の報道が続き、事故防止対策が必ずしも効果をあげていない印象があります。
  昨年11月26日に、経団連会館において、“医療の質・安全学会”の設立記念シンポジウムが開催されました。そこで約700人の参加者を得て、学会が設立いたしました。本年11月23日・24日の両日、東京において第1回の学術集会を開催する予定になっておりますが、この学会の設立を記念して関西でもご紹介を兼ねたシンポジウムを企画いたしました。
プログラムは下記の通りを予定しております。3月21日は、京滋リスクマネジメント研究会がキャンパスプラザ京都で開催される予定です。この研究会が、プログラムの都合上、15時からの開催となりました。そこで、京滋リスクマネジメント研究会の幹事及び後援の諸団体のお許しをいただいて、その前に時間を拝借することに致しました。
京滋リスクマネジメント研究会の皆様はもちろん、その他の多くの皆様がご参加くださることをお待ち申し上げております。よろしくお願いいたします。

敬具

日時・場所

日時: 平成18年3月21日  13:00〜14:45
場所: キャンパスプラザ京都 第1講義室(JR京都駅徒歩4分)[地図]
参加費: 参加費: 1000円  〈定員になり次第締め切ります。〉
                         ※定員300名

定員に達しましたので、参加申込は終了させていただきます

  

 

 


プログラム

1.医療の質・安全学会の設立趣旨について

   嶋森好子  医療の質・安全学会理事(京都大学医学部附属病院看護部長)
2.医療安全とDOの科学

   武田 裕  医療の質・安全学会理事(大阪大学大学院医学研究科教授)
3.医療の質・安全学会が期待する学際的研究と論文投稿

  小泉俊三  医療の質・安全学会 編集委員会委員長          
         (佐賀大学医学部附属病院教授・副病院長・総合診療部長)

 

4.フロアからの指定発言とディスカッション

   ―医療の質・安全学会に期待する−
 

  予定発言者
  @中島 和江さん
   (大阪大学医学部附属病院中央クオリティマネジメント部 病院教授)
  A松月みどりさん(田附興風会医学研究所北野病院 看護部長)
  B餅田 敬司さん(滋賀大学医学部附属病院 副看護部長 元専任RM)
  C山中 寛恵さん(京都民医連中央病院 専任リスクマネジャー)
  D長尾 能雅さん(京都大学医学部附属病院医療安全管理室 室長)
  Eその他参加者の皆様

申し込み方法

定員に達しましたので、参加申込は終了させていただきます 

お問い合わせ先

シンポジウムに関するのお問い合わせは、以下までお願い致します。

  京都大学医学部附属病院 看護部  嶋森 好子
  Tel 075−751-3595 Fax 075-751-4640
  Eメール  shimamor@kuhp.kyoto-u.ac.jp

 

Copyright (C) 2006 Japanese Society for Quality and Safety in Healthcare. All rights reserved.