Japanese Society for Quality and Safety in Healthcare

学会誌公開論文のページ

このページに掲載しているコンテンツは「医療の質・安全学会誌」からの抜粋です 
利用については、個人の研究・学習などの目的に限らせていただきます
商用目的での利用や図書・雑誌などへの転載については、別途転載許諾を受けてください
医療の質・安全学会誌 第16巻-1号

【資料】プライマリケアにおける
     患者・家族との協働における患者安全改善ガイド
  閲覧はこちら

患者協働による患者安全の向上は診療への患者・家族の参画を促し、患者中心の医療の実践において必要不可欠なものである。このガイドでは大きく4 つの戦略が挙げられており、どれもが医療現場で実践しやすいものである。また本ガイドは実装方法についての記載があることも特徴である。実際に戦略を医療現場において実装することの重要性と困難さは現場で働く医療者ならば誰もがわかるであろう。このガイドにはそのような困難を解決し、戦略を実装する際のヒントが散りばめられており、評価方法や持続性を保つ方法についても記載されている。本ガイドはプライマリケアにおいても患者安全の重要性は変わらないとの思いから、医療の質・安全学会内 若手支援委員会の有志を中心に作成された。このガイドを用いることにより本邦のプライマリケアにおける患者安全が向上し、患者中心の医療の実践の一助となれば、この上ない幸いである。

※本ガイドは米医療研究品質庁(AHRQ)より許可を得て、以下の文書を翻訳したものである。
Guide to Improving Patient Safety in Primary Care Settings by Engaging Patients and Families. Content last reviewed July 2018. Agency for Healthcare Research and Quality,Rockville, MD.

 

医療の質・安全学会誌 第14巻-2号

【論説】日々の診療情報を用いた研究報告の質向上への提案2  閲覧はこちら

(日常的に観察されて集められる健康情報を用いて行われる薬剤疫学研究の報告に関する声明)の日本語版について
資料2 日常的に観察されて集められる健康情報を用いて行われる薬剤疫学研究の報告に関する声明(RECORD-PE)

 

医療の質・安全学会誌 第12巻-3号

【特集】薬剤耐性(AMR)対策  閲覧はこちら

◎薬剤耐性(AMR)に関する世界的な動向
◎AMRの問題が医療現場にどのように影響を及ぼすか
◎AMR対策について医療者と国民の教育啓発
◎AMR対策としての医療関連感染サーベイランス ーその意義と今後の方向性ー
◎国の抗菌薬適正使用指針
◎急性気道感染症の診療のコツ
◎小児科領域でいかに抗菌薬適正使用を進めるか
◎AMR対策に求められる薬剤師の貢献:院内で、市中で
◎ChoosingWiselyキャンペーンとAMR対策
◎ChoosingWisely:抗菌薬適正使用に関するFive Things Physicians and Paitients Shuld Question(5つのやるな)リスト

 

医療の質・安全学会誌 第12巻-4号

【論説】日々の診療情報を用いた研究報告の質向上への提案  閲覧はこちら

日々の診療情報を用いた研究の報告基準RECORD を翻訳した。本稿ではRECORD について簡単な解説をする。今後研究報告の質の向上に役立てていただきたい。
資料2 日々観察されて集められている診療情報を用いた研究の報告基準

 

医療の質・安全学会誌 第13巻-1号

【特集】診断エラーと患者安全  閲覧はこちら

◎診断エラーとは何か
◎システム改善の観点からの患者安全教育 -Morbidity&Mortalityカンファレンスの活用-
◎Patient Engagementと患者安全
◎診断エラー学のすすめ
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人医療の質・安全学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.